ホームページの維持管理に必要な費用は?サーバーの適正価格を検討

ホームページを維持するために、サーバーにはどれくらいの費用をかけていますか?

さくらサーバーやXサーバーといったサーバーの専門会社や、NTTやGMO、光インターネットといった電話やインターネット回線を管理する会社など、様々な会社がサーバーのレンタルサービスを提供しています。

価格も1ヶ月あたり数百円から数千円と様々。

無駄なくホームページを運用するためには、どんなサービスが必要か、あるいは不要なのかを見極めることが大切です。

自分がどの程度理解し、管理できるかがポイント

1. 高いけどサポートが充実しているレンタルサーバー

サーバーに関するサービスは二極化していて、ひとつには営業マンが訪問し、対面で説明した上で契約、その後もトラブルがあればお客さまごとの状況を把握しながら電話や訪問でサポートするタイプがあります。

大手の通信会社に多く、費用は1ヶ月あたり2,000~4,000円程度と高額な部類に入ります。

ホームページの管理はインターネットに関する多様な知識が必要で、詳しくない方には難しいことが多いのも事実。

「費用がかかっても面倒なことや難しいことはすべて任せて、ストレスなくホームページを運用したい」という方に適しています。

2.安くて自分で判断したり設定をする必要があるレンタルサーバー

一方でサーバーサービスを専門としている会社の多くは、お客さまごとのアカウント情報を事細かに把握して手厚くサポートする営業マンを置かず、電話やチャットのみで対応しています。

サポートはあるけれど、ご自身のホームページの状況を口頭あるいは文章で説明し、指示された内容に沿って自分で操作していくスタイルが大半です。

その分費用は安く、1ヶ月あたり数百円~1,000円程度

どちらがいいかはお客さまの知識や、管理にかけられる時間と費用のバランスによって変わってきます。

高くても充実していないサービスに注意

サーバーを契約する際に注意が必要なのは、「高くてもサービスが充実しているわけではない」という点。

現在、新しく作られるホームページの多くは、WordPress(ワードプレス)という、ホームページの制作知識を持たない人でも気軽にコンテンツを管理できるシステムを使って作られています。

WordPressはサーバーにある程度の容量が必要なので、サーバーの専門会社などが提供する100円程度のミニマムなサービスは適用できないことがよくあります。

ただ高額なサービスであれば必ずWordPressが使用できるのかというと、決してそうではないのがポイント。

10数年前、ホームページ制作が激増した時期にサービスを開始したものの、その後の進化に対応することなくサービスを維持しているだけという会社も多く見られます。

「昔作ったホームページを月2,000円払って維持していたけれど、新しくWordPressでホームページを作り直そうと思ったら、これまでのサーバーではアップロードできなかった」というケースも。

ホームページをリニューアルする場合は、費用だけでなくどんな環境が必要になるのかを事前に確認しておくことが大切です。

ホームページのことでお困りではありませんか?

お客様のホームページの集客や売上を伸ばすことまで考えて提案ができるweb制作会社は多くはありません。グリッジは数少ないその1つです。

グリッジはただウェブサイトを作るだけではなく、徹底的に「誰に」「どうやって」「届ける」かを追求し、クライアントの課題解決に向き合うweb制作会社です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

Share この記事をシェアする

Writer この記事を書いた人

清水 信行 代表 / デザイナー

1989年岡山県生まれ、岡山在住。制作会社に3年勤務した後に独立し、その後2年フリーランスとして活動後、法人化。5年間で制作したwebサイトは200件以上で、現在はディレクションからデザイン、コーディング、コンサルティングまでweb制作業務全般を幅広くこなす。

この人が書いた記事をもっと見る

Contact

ウェブでのお困りごとは、
もうご安心ください。

ホームページでのお困りごとや、ウェブ集客やSNSに関することなど、
少しでもお悩みならお気軽にご相談ください。

080-4011-7947

10:00〜18:00 (定休日:土日祝)

Feature

グリッジの選ばれる理由

Works

今までに制作してきた
実績の一部をご紹介します