【WordPressの活用方法4選】ブログとホームページの違いとは?

「WordPressでホームページやブログを作りたいんだけど、どうしたらですか?」

というようなことをよく聞かれるんですが、話をよく聞いていくと、ブログとホームページがごっちゃになっているケースが往々にしてあります。

ここでは厳密な定義がどうとかを言いたいわけではなくて、「何をどのレベルで作りたいか」によって、難易度や費用感が変わってくるので、今回はそのあたりをご紹介できればと思います。

ホームページとブログの違いとは?

まず、ホームページとブログの違いについてですが、ざっくりと分けると、それぞれこのような特徴があります。

ホームページ

  • パンフレット的な役割
  • 情報が整理されていて、目的に合わせて見やすいレイアウトになっている
  • 一度作ってしまうと更新はあまりしない
  • 主に企業が事業などをやっている組織や団体・個人が持つもの

上記のような特徴を持つものがホームページですね。

具体的には弊社のウェブサイトがホームページと呼ばれるものですね。

岡山のホームページ制作ならグリッジ | Gridge

ブログ

  • 本・雑誌的な役割
  • 主に記事がコンテンツ
  • 時系列で表示されている
  • どんどん新しい情報を更新していくもの
  • 営利目的でない個人でも企業でも誰でも持つことができる

ブログはホームページとは違い、主に記事で構成されているものです。

私もブログを持っていますが、それはホームページとは切り分けて運営しています。

どちらかというとオフィシャル的な要素は少なく、その時々に合わせて発信したいことを書いていくようなものですね。

ウェブシュギ:身軽に生きるきっかけを届けるメディア

WordPressの活用の仕方は4種類ある

さて、そんな前置きを元に本題のWordPressの活用の仕方をご紹介すると、上記のホームページ・ブログを自分で作るか、プロに作ってもらうかの2パターンになります。

分類してみると、

  • 1.ブログを自分でカスタマイズ出来る範囲で作る
  • 2.ブログをweb制作会社にオリジナルで作ってもらう
  • 3.ホームページを自分でカスタマイズ出来る範囲で作る
  • 4.ホームページをweb制作会社にオリジナルで作ってもらう

という形になります。

それぞれ説明していきます。

1.ブログを自分でカスタマイズ出来る範囲で作る

「WordPressでブログをやりたい」と言われるケースのほとんどがこのパターンに当てはまるかと思います。

WordPressにはテーマと呼ばれるテンプレートがあって、それをカスタマイズして自分の好みに合わせて作ることができます。

それはテーマによって自由度は異なりますが、色を変えたり、表示方法を変えたり、というのはだいたいできます。

正直まずブログやりたいというケースであれば、この自分でやってみるパターンで十分かと思います。

テーマにも色々種類があって、無料のものあるんですが、正直使いにくいので、有料のものがオススメです。

2、3万ほどあれば良いテーマが買えるので、初期投資としては全然ありかと思います。

色んなテーマの中でもハミングバードやsangoというものが人気で、個人的にはsangoがかなり使いやすいので、オススメです。

WordPressテーマ「ハミングバード」

SANGO | 心地良さを追求したWordPressテーマ

弊社でもブログの設置やテーマ選定、アナリティクスなどの初期設定は請け負うことは可能ですので、ご相談ください。

予算にしてだいたい10万円前後となります。

2.ブログをweb制作会社にオリジナルで作ってもらう

次はすでにあるテンプレートではなく、完全にオリジナルのものを作りたい、という方向けです。

基本的に個人ブロガーさんには必要はないと思っていて、企業様であったり、オウンドメディアとしてしっかりとブログを活用して集客をしたい、

というような会社さん向けになります。

個人でフルオリジナルでWordPressのテーマを開発、というのは難易度が高いので、基本的には制作会社に作ってもらう形になります。

私のメディアブログもフルオリジナルでテーマを開発しているので、このパターンですね。

ウェブシュギ:身軽に生きるきっかけを届けるメディア

また弊社で制作させて頂いた企業さんのブログメディアもこちらの2番になります。

ブログ | 岡山市中区の不動産ならキータウン

ここのブログ開発だけでいうと、予算感としてはだいたい20〜40万あたりでしょうか。

3.ホームページを自分でカスタマイズ出来る範囲で作る

そしてブログではなく、ホームページもWordPressを使って、自分で作ることも可能です。

こちらも1番と同じく、有料テーマを購入してカスタマイズしていく、というパターンですね。

ただこちらはブログと違って、情報整理をしてどういう見せ方をしていくか、という設計が必要になるので、慣れない人はなかなか難しいかもしれません。

こちらでオススメのテーマはTCDやSWELLというものになります。

ワードプレステーマTCD | イケてるWordPressテンプレートTCDとプラグイン情報サイト

TCDはかなりの種類があり、自社にあったテーマを選ぶことができるので、本格的なホームページをWordPressで作りたいときには、候補に入れてみるのはありかと思います。

SWELLはブログ用のテーマでもあるのですが、ホームページにも活用できる柔軟さはあります。

事例を見ると普通のホームページも作れているので、こちらも「自分で作りたい」という方にはオススメをしています。

SWELL | シンプル美と機能性の両立 – 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ

弊社でもテーマをカスタマイズして制作を行うことも可能ですので、ご相談ください。

費用感としては20〜40万円あたりになります。

4.ホームページをweb制作会社にオリジナルで作ってもらう

そして最後がホームページを制作会社に作ってもらうパターンです。

WordPressを使うけど、完全オリジナルのテーマで一からデザインするような形ですね。

弊社は基本的にWordPressを使ってホームページを制作していますが、だいたいこのパターンです。

オリジナルテーマでコードを書いて制作しているので、どのようなご要望にも合わせることはできますし、デザインも自由です。

上記でも載せましたが、このようなものですね。

岡山のホームページ制作ならグリッジ | Gridge

ホームページとなると、実際にデザインしてそれを構築する前のフェーズがかなり重要になってきます。

戦略・設計・企画のフェーズですね。

ここで「どんなターゲットに」「どんな内容を」「どのように見せて」「どうしてほしいか」を徹底的に詰めていきます。

ですので、ただ制作するだけの会社だと制作費は安くなりますが、成果を出すために作るサイトというのはどうしても費用は上がってきます。

費用についてはピンきりですが、弊社であれば30万円から承っていますので、お悩みがあればお気軽にご相談ください。

まとめ

最近であればWordPressでなくとも、自分でホームページやブログを作れるサービスは多くありますので、ご予算次第ではそちらをオススメすることもあります。

ホームページ作成 | 無料ホームページ制作ツール | Wix.com

ホームページ作成サービス|誰でも簡単・無料HP

このようにWordPress、といっても活用の仕方は多様です。

ただ目的や予算感によって最適な手法はありますので、「どうしたらいいかわからない」という方はぜひ一度ご相談ください。

ホームページのことでお困りではありませんか?

お客様のホームページの集客や売上を伸ばすことまで考えて提案ができるweb制作会社は多くはありません。グリッジは数少ないその1つです。

グリッジはただウェブサイトを作るだけではなく、徹底的に「誰に」「どうやって」「届ける」かを追求し、クライアントの課題解決に向き合うweb制作会社です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

Share この記事をシェアする

Writer この記事を書いた人

清水 信行 代表 / デザイナー

1989年岡山県生まれ、岡山在住。制作会社に3年勤務した後に独立し、その後2年フリーランスとして活動後、法人化。5年間で制作したwebサイトは200件以上で、現在はディレクションからデザイン、コーディング、コンサルティングまでweb制作業務全般を幅広くこなす。

この人が書いた記事をもっと見る

Contact

ウェブでのお困りごとは、
もうご安心ください。

ホームページでのお困りごとや、ウェブ集客やSNSに関することなど、
少しでもお悩みならお気軽にご相談ください。

080-4011-7947

10:00〜18:00 (定休日:土日祝)

Feature

グリッジの選ばれる理由

Works

今までに制作してきた
実績の一部をご紹介します